車の塗装に気を使うケース

自分が昔から乗っているマイカーなら、ある程度好みの色に塗っても違和感はありません。しかし、家族など人が乗っている車をなんらかの理由があって塗らないといけない場合、車の塗装にはとても気を使います。万一ムラがあったり、雰囲気を損なうようだと結局板金業者に持ち込み、塗りなおしてもらうことになりかねません。それならいっそ、最初から自分では塗らず、業者に任せてしまうのも一興でしょう。今は昔よりも板金業者への依頼も簡単になり、値段も安くなりました。特定のコースの中に塗りのサービスも入れると、全体の値段が安くなるケースすらあります。車の塗装を依頼する場合には、腕のいい技術者がいる業者を探すのが重要です。それは口コミやうわさなど、何でもいいので情報を仕入れることからスタートします。より安心できる業者を探し、好みの色に仕上げてもらいましょう。

車塗装の目立たないバンパーキズ修復方法

車を運転していてぶつけやすい場所としてバンパーがあります。壁に擦ってしまったりぶつけてしまったりすると、深くえぐれたキズになってしまうことは多くあります。その際には修復は自分自身では無理だと考える人も多くいますが、手間はかかりますが目立たなく修復は可能となります。まず修復の手順として、水洗い後に下地の研磨をおこない油分の汚れをふき取ります。その後にバンパー専用のパテを塗り込んだあとに、パテを研磨して平らにします。次にバンパー専用の塗装スプレーを吹きかけます。スプレー後に研磨をすることで深い傷自体は綺麗に修復が行えます。ですがキズで修復した箇所と、バンパー全体の色に差があるので統一感を持たせます。をバンパー全体に薄くまんべんなく塗装を行い、クリア材とぼかし材を使用することで全体的になじみ目立たないキズ修復が完了となります。

車塗装のボディの細かいキズ修復方法

車の中で様々な衝撃を受ける箇所として、フロント部分のボディには小さいキズなどが付きやすくなります。とくに台風などは様々な枝や葉が車にあたることで、小さいキズになることが多いです。ボディについた細かい傷の修復方法ですが、まずは水洗いを行い汚れやほこりを洗い流します。次にコンパウンドタイプのシートを利用することで、キズ全体を磨いていきます。力を入れる必要はなく軽くキズをならす程度で問題はありません。次にコンパウンドタイプの液体を利用して丁寧に磨きあげていきます。何度なこすることで綺麗になるので、最後に透明樹脂タイプの磨き材を使用します。碁盤のます目のように上から下に向けてこすり、次に右か左へと擦っていきます。そうすることでまんべんなく小さいキズのなかに透明樹脂をすりこむことができます。透明樹脂が馴染みキズがきえることで、新車のような綺麗なボディに塗装修復が行えます。

修理の工程は一緒。だから、軽自動車も高級車も修理価格は変わりません。 外車、国産車、大型車など車種による追加料金は一切ありません。 小さなキズも、大掛かりな修理・板金塗装もこだわりの激安均一料金で補修・修理。 バンパーの小さな傷が気になる方、初めての方に限りおおよそ20センチの傷なら1箇所999円で修理致します。 愛車の塗装をするなら池内自動車にご相談ください