塗装は車の魅力的なドレスアップ方法

愛車を世界で一台だけの車にしたい時はドレスアップなどを行いますが、それには塗装を施すという方法もあります。珍しいカラーに塗り替えますと、特にドレスアップパーツを装備しなくても、外見の印象をガラリと変えられることが特徴です。公道で注目を集める鮮烈な印象をかもし出すこともできますから、非常に効果の高いドレスアップです。例えば、車はピカピカであることがステータスの一つですが、それゆえにマットに仕上げた場合には、ブラック系統のカラーでも十分目立つ存在になります。一方、注目度の高い塗装ではマジョーラカラーも外せません。これは見る角度や光源の状態で、ボディーパネルの表面色が変化する独創的な塗装です。今ではこのカラーリングも進化を遂げ、グラデーションが再現できるなど、ワンランク上のペイントを提供する業者もあります。

ボディーカラーを妥協した中古車は全塗装で解決

自動車を購入する時はデザインや性能や価格など、幾つもの要素から決めることが一般的です。そして、ボディーカラーも重要な要素になっています。しかし中古で購入した場合、一点物という特性上、ボディーカラーを妥協して購入するケースもあります。もしもその場合なら、全塗装を行うことがおすすめです。これを行いますと、自分の好きな色にボディーカラーを塗り替えられます。気に入ったボディーカラーの一台を所有する方が、オーナーとしての喜びが大きくなります。また、運転も一層楽しいものになりますから、魅力的な解決策です。そして気に入った色に塗り替えた後は、コーティングを施すこともポイントです。鏡面のような素晴らしい光沢が手に入るほか、ワックスがけも当面不要になります。塗装面を保護することもできますから、美しい色の維持にも役立ちます。

車の修理で塗装をする

車を運転していて、不注意でバンパーなどをこすってしまうこともあります。そうなると、見た目もよくないので修理に出すか自分で直すかになります。もちろん、業者に依頼をすることで自然な仕上がりになりますが、少しの傷でも一万円以上かかってしまうことがあります。その点、少し仕上がりが悪くてもいいのであれば、自分でも塗装をして直すことができます。まずは、キズの深さに応じて道具を準備します。傷が深い時にはパテを塗って溝を埋めることから始まります。浅い場合にはサンドペーパーで平らになるように削ってたからになります。その後、車の色と同じ塗料を購入するのですが、カラー番号がありそれを見て購入しないと微妙な色合いになってしまいます。そして、スプレータイプにすることで、仕上がりもきれいにすることができます。その時のポイントとしては、数回に分けて塗り重ねることで斑なくできます。